白人美女と出会うためのサイトはたくさんあります。

世界中でそれだけ多くの需要があるということです。

 

「ブロンドラブ」では、ブロンドばかが実際に試して、体験して、「このサイトはいい!👍」と思ったサイトだけを紹介していきますので、ぜひ安心して試してみて下さい。

 

もちろん、それ以外にもよいサイトはあります。

「ブロンドラブ」で紹介しているサイト以外にも、「もっと多くのサイトを試してみたい!」とあなたが思われたら、それも新しいキッカケになるかも知れません。

 

その際は、ぜひ、別記する留意事項・注意事項をさらっと読んで、頭のどこかにおいてもらえると、トラブルに会うこともないと思います。

では、はやる気持ちをちょっとがまんして、サイトに登録する前に必要な簡単な準備について説明します。

 

有料会員登録に必要な情報3つ

白人女性と出会いたい場合は、有料会員になる さて、外国人女性と出会うために出会いサイトを訪れると、たいていの場合、入り口は「無料会員登録」となっていると思います。

もちろん、無料で会員登録が出来ます。   ただし、通常、無料会員は

  • 女性を「見る」「検索する」コトは出来る
  • 女性に「連絡をとるコト」が出来ない

と言う仕組みになっています。

 

サイト運営会社も営利目的なので、当然と言えば当然ですよね (^^;

そこで実際に白人女性と連絡をとって、出会いたい場合は、有料会員になります

 

有料会員への勧誘バナー広告は、サイト上に大きく表示があるのですぐに目につくと思います。

そこから先は、おおよそどのサイトでも同じような手続きとなります。

以下の項目を順に入力していきます。

  1. あなたの名前、住所などの個人情報
  2. あなたのメールアドレス
  3. あなたのクレジットカード番号

かんたんにそれぞれを見ていきましょう。

 

名前・住所などの個人情報も問題ありません

名前・住所などの個人情報の入力は問題ありません

名前や住所、誕生日などの個人情報を入れていきますが、「大丈夫なのだろうか?」と心配されるかも知れません。

結論から言うと、大丈夫です。

(「大丈夫ならOK!😄」と言うあなたは >>以下、とばして次のトピックへ👉)

 
気になるようでしたら、あなたがお使いのブラウザのURL欄を見て、そのサイトがSSL化されているか確認して下さい。
◆SSL化されているサイトのURL表示の例 SSL化されているサイトのURL表示の例

SSL/TLSって何? SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。https://www.sslcerts.jp/

もし、現状、ここがSSL化されていないようでしたら、リスク管理にうとい企業か、または、古いシステムのまま運用しているので「危険性がある」と判断できます。

 

  ブロンドばか自身、ネット草創期から、出会いサイトを利用しておりますが、トラブルに遭ったことは一度もありません。

そんなの偶然だろー

そうかも知れません。   ただ、あなたの名前や住所、誕生日など個人情報は、実際にはすでに「名簿マーケット」に出回っています。

え?自分はそんな情報、一度だって怪しげな店やサービスに提供したこと無いぞ?

と思われるかも知れませんが、誰でも、生まれると同時に、多かれ少なかれ個人情報は他人にわたっていきます。

  1. 生まれた病院の関係者・カルテ等
  2. 出生届を提出した役所など
  3. お祝いが買われた店や宅配した業者

などから始まって、さまざまな公的機関や民間業者、身内やお友達など、把握しきれないくらいのルートで情報は漏洩し、発信され、あなたという存在は知られていきます。

 

情報化が非常に発展した現代、あなたの名前、住所、誕生日、学歴や職業などは、ほぼ世間に流通して、販売されていると考えた方が良いでしょう。

 

ですから、ここで急に名前や住所程度で、「大丈夫かな」と心配になる必要もありません。

 

  また、多くの「外国人女性との出会いサイト」は海外の企業が運営していて、あなたの名前や住所といった日本ローカルな情報だけでは「悪事」も行えないという現実もあります。

 

住所を知られて嫌なのは、むしろあなたの家に気軽に来るコトができる近所の業者かなと思います。

もちろん、「個人情報を気軽に教えてもいいよ」という意味ではありません。

必要以上に怖がる意味もないけど、必要以上にむだに露出してリスクを高める必要も無いですよということですね。

 

外国人女性との出会いサイトで使うメールアドレス

外国人女性とのマッチングサイトで使うメールアドレスはGmailで大丈夫です メールアドレスは、サイト運営会社からの連絡にも使いますし、もちろん、外国人女性とのメッセージの交換にも使います。

仕事で使うメールアドレスとは別にした方が良いでしょう。

 

会員登録している外国人女性の中には、一定の割合で、「スキャマー」と呼ばれる詐欺師や(スキャマーとは)、他のサイトへ誘導しようとする業者が混じっています。

 

これはどんな優良なサイトでも仕組み上避けられません😕。  

多くのサイトでは、こうした業者や詐欺を「通報する仕組み」があるので、しばらくするとアカウントが消されます。

しかし、また新しいアカウントとプロフィールで、スキャマーは復活するのでイタチごっことなっています。  

ですから、あなたが「いいな!」と思った女性にメールアドレスを教えたところ、運悪くその女性がスキャマーで、あなたをダマそうとしてくるコトもありえます。

 

「ブロンドラブ」では

  1. 女性のプロフィールの内容や写真
  2. 相手の最初の反応
  3. 送られてきたメッセージやメール
  4. 添付してきた写真の情報
  5. 事実関係の背景

など、あらかじめスキャマーを見抜くポイントをご紹介します。

 

ただ、ここでスキャマーをはじいて、罠をよけたとしても、メールアドレスはスキャマーに渡ってしまいます。

ブロンドばかの場合、スキャマーに渡ったメールアドレスが悪用されたというケースはほとんどありませんし、実害もありません

 

しつこく広告などが送られて来ることもないですし、後がまのスキャマーが利用するという展開もありません。

 

ただし、場合によっては、そうした事があるかも知れませんので、サイトに登録するメールアドレスは、あとで捨てることが出来るものにした方が良いでしょう。

とは言え、ブロンドばかが今、使っているメールアドレスは、2004年から同じモノです(^^;

 

ここは、難しく考えることはなく、Gmailでいいと思います。 注意して欲しいのは、Gmailは基本設定で迷惑メールフィルターが動いています。

 

優秀なフィルターなのですが、優秀すぎて迷惑メールではないメールも排除してしまいます。

お目当ての女性からのメールが、Gmailによって迷惑メールとして処理されていないか、常に迷惑メールフォルダを確認する習慣をつけておいて下さい

 

また、念のため、メールアドレスには個人情報が入らないようにして下さい。

≪ダメな例≫ 名前+誕生日@gmail.com (Taro197102xx@gmail.com) など

 

メルアドは、日本らしいワードや、あなたらしい個性を表すものにすると、相手に親近感を持ってもらますのでおすすめです。

トラブル防止・返信率アップのために、ぜひ目を通しておいて下さい👇👇

  

💳クレジットカード番号の入力も大丈夫!保険もあり

クレジットカード番号の入力も大丈夫!保険もあり

外国人女性との出会いサイトの会費の支払いは、通常、クレジットカードで行います。

 

サイトによっては、Paypalなど、他のネット決済に対応していますが、多くはクレジットカード番号の入力が求められます。

日本ではあまり意識されませんが、クレジットカードは海外では、身元の保証という意味合いも大きいのです。

 

海外の映画などで、「現金払いの客が怪しまれる」と言ったシーンをあなたも観たコトがあるかも知れません。

つまり、有効なクレジットカードを持っているあなたは、「身元がしっかりとした人である」、「信用出来る」とサイト運営会社は考えるワケです。

 

また、その「信用」はそのままサイト上で、あなたのアカウントに反映されるコトがあります。

たとえば、あなたのプロフィールに「身元確認済み」などのマークが付くサイトもあります。  

外国人男性との交際を考えている女性の立場にしてみたら、これは大きな安心感になりますし、あなたのアドバンテージにもなります。

 

クレジットカードは何でも構いません。

「アメリカンエクスプレスカードのブラックだと有利」とか、「スーパーマーケットが発行したクレジットカードだと不利」とかありませんので、ご安心を。

 

ただ、もし複数枚のクレジットカードを持っているなら、サポートデスクの感じの良い、サポートの厚いものを選ぶと気持ちの上で、安心かも知れません。

 

👉顧客満足度調査にて9年連続1位!楽天ポイントもだんぜん有利にたまる!(5千円分ポイントプレゼント中!)
年会費が永久「無料」の【楽天カード】 はこちら>>

 

✅クレジットカードの不正利用に関してクレジットカードを普段から利用していても、知らない人が結構いるのが「不正利用をカバーする保険があらかじめ付いている」ことです。

 

もし、あなたのクレジットカードが、不正に第三者に悪用されて、あなた自身が損害を受けた場合でも、クレジットカードに「あらかじめ付いている保険」で、おおよそ2か月さかのぼって損害が補償されます。
※くわしくは各クレジットカード発行会社へお問い合せ下さい。

海外のインターネット上のサービスを利用するのが初めての方は、「どうしても心配!」という人もいるかも知れません。

そういう方は、VISAデビットカードを利用するという方法もあります。

 

ブロンドばかも、一部のサイトで、デビットカードを利用しています。

とくにジャパンネット銀行のデビットカードは、リアルの「デビットカード付キャッシュカード」のほかに、ネット上で使えるデビットカード番号を4種類まで持てて、目的別に使い分けることも可能です。

また、このデビットカード番号の作成、廃止も、WEB上で出来るので便利です。

 

スキャマー(scammer)とは

日本においては、とくに外国人とのマッチングサイトにおいて、常習的に金品をだまし取ることを目的として活動している個人、または集団。

実在しないプロフィールのほか、さまざまな虚偽の情報を用いて、一般利用者から金品を詐取する。

 

スキャマーは、異性の場合、同性の場合、また混合している場合があり、主体も個人の場合と、組織の場合がある。

 

手広く、活発に、また長期間に及んで犯罪行為を行っている有名な個人や団体もあり、そうしたスキャマーの使うメールアドレスやコピペ文面、写真等を集めた注意喚起のための情報サイトも存在する。

 

ここまで準備が整ったら、さっそく出会いサイトに登録し、どんどん好みの白人女性にアプローチしていきましょう!

ライバルより早く動くのは、どんな勝負でも鉄則です。(^^  

>>「ブロンドばか式ガイド」目次

 

[著者:ブロンドばか]