美人だけどソソられない女性有名人は誰ですか?

 

女子SPA!編集部が

 

美人だけどソソられない女性有名人は誰ですか?

 

と男性に調査したところ、上位の10名の中には、有名ハーフタレントが勢揃いしました。(男性 27~33歳 300名)

 

美人だけどソソられない(色気を感じない)女性有名人

 

以下、その結果です。

 

Q.美人だけどソソられない(色気を感じない)女性有名人は誰ですか?

1位 森泉(タレント) 28.3%
2位 ベッキー (タレント)26.3%
3位 ローラ(タレント、モデル) 25.3%
4位 島崎和歌子(タレント) 24.3%
5位 SHELLY(タレント) 23.7%
6位 ホラン千秋(タレント) 22.3%
7位 杏(女優) 21.0%
8位 板野友美(タレント) 20.7%
9位 堀北真希(女優) 19.3%
10位 仲間由紀恵(女優) 17.3%

女子SPA!http://joshi-spa.jp/255164

 

グリーンのアンダーラインが、いわゆるハーフタレントとなります。

「容姿はきれい、美人と思うけど、エッチな気分になるかというと、ちょっと…?」というところでしょうか。

 

かつて、距離感を感じる白人女性はソソらなかった

距離感を感じる白人女性はソソらなかった

そもそもエッチな気分になるかどうかは、自分自身との距離感に関わります

 

人種で言えば、一般的には同じ人種の方が性的なアピールを強く感じる傾向があるのです。

その意味では、この調査結果は納得できるものです。

 

日本のグローバル化や欧米化、情報化によって、毎日のようにハーフの女性や、白人女性を目にするようになったために、「キレイだな」「美人だな」という認識の変化が進んで、その印象は、日々、強く残るようなりました。

 

ただ、物理的・心理的には、まだ相当な距離感があって、むらむらとエッチな気分が高揚する位置関係にはないというコトかもしれません。

 

ブロンドばかの場合は、ここが逆になってしまって、どんなに素敵な美人でも日本人女性にはときめいたり、興奮したりしないです(^^; けっこうな変態だと思ってます笑

 

しかし、この物理的な遠さや、心理的な親近感も、どんどんと縮んでいると言えます。

 

インバウンド観光客の増加と白人女性にあふれる日本

インバウンド観光客の増加と白人女性にあふれる日本

photo: https://www.voanews.com/

2003年1月31日に、当時の内閣総理大臣小泉純一郎は、施政方針演説で外国人観光客を500万人から1000万人(2010年目標)に倍増すると発表しました。

 

これを受けて発足したのが「ビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部」で、国内外でさまざまな活動を行い、外国人観光客の誘致をすすめました。(参考:ビジット・ジャパン・キャンペーン(WIKI) )

 

ビジット・ジャパン・キャンペーン以降の訪日「欧米人」数の推移

インバウンド観光客の増加と白人女性にあふれる日本参考:月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)|日本政府観光局(JNTO)

 

一見して、大幅に増えているのがわかります。

  • 2007年から少し落ち込んでいるのは、世界的な金融危機の影響です。(the financial crisis of 2007–2008)
  • また、2011年に突然大きく減っているのは、東日本大震災・福島第一原発事故が原因になっています。

 

しかし、その後は、世界的な景気の回復と、アベノミクスによる円安もあって、欧米人観光客は激増しています

 

ここ数年、「あちこちで白人女性を見かけるな…🤔」という印象をもつ背景には、こうした欧米人観光客の急激な増加があります。

 

もちろん、都市部、または観光地以外では、それほど実感はないかも知れません。

ただ、最近は、そうした欧米人観光客に良く知られた場所ではなく

 

「秘境、穴場、日本人もあまり行かないような場所へ行ってみたい」
 
「ごく普通の日本人の生活を体験してみたい」

というような需要も増えて、「こんな所に!?」という場所で、白人女性を見る機会も増えています。

 

このような状態が続けば、当然、白人女性は身近な存在になり、物理的、心理的な距離感も縮まっていきます

 

白人女性とふれあう機会が増え、慣れてきた

白人女性とふれあう機会が増え、慣れてきた

すでに、2017年の段階で、2011年の2.6倍以上の欧米人観光客(400万人弱)が訪日しており、2018年はそれを超えると言われています。

 

あなたも、街で白人女性を見かけたり、電車で横に座ったり、カフェのカウンターで隣り合ったりした経験があるかも知れません。

 

もしかしたら、道を尋ねられたり、居酒屋で一言二言、言葉を交わしたりしたコトもあるかも知れません。

 

こういう欧米人との接触や交流が日本中で大量に発生しているワケです。

 

もちろん、中には、街で白人女性をナンパしたり、クラブで一緒に遊んだりする日本人男性の「猛者」もたくさんいると思います。

 

むしろ「白人女性と付き合ってる日本人男性」というと、こっちをイメージする場合も多いかなと思います。

でも、大丈夫です!

 

ブロンドばかは、白人女性どころか、子どもも含めて、誰にも街で声をかけたりなんかできません(^^;

 

「ブロンドラブ」は、そうした非社交的な(非リア充?ヒッキー?コミュ障?)

  1. あなたにも大いにチャンスがあることを知ってもらいたい
  2. ブロンドばかの個人的体験から得た知識・情報をシェアして、最短距離を行ってもらいたい

という想いから書いてます。

 

ちょっと考えてもらえば分ると思いますが、400万人の欧米人観光客のうち、おおざっぱに半分が白人女性だとします。

その200万人の白人女性が、みな、ナンパやクラブに馴染んでいるような女性でしょうか?

 

メディアなどでもさまざまに紹介されていますが、多くの白人女性は全く別の属性です。

  1. アニメやマンガが大好き
  2. 日本の伝統文化(茶道・着物・和食など)に興味あり
  3. 武道を学びたい
  4. 日本にいるとホッとする

などなど、多種多様な理由で日本に興味を持って、訪日しています。

 

ですから、あなたがストリートでナンパ出来なくても、バーで声をかけられなくても、なんの問題はありません。

 

白人女性に慣れた日本人男性の覚醒と争奪激化

白人女性に慣れた日本人男性の覚醒と争奪激化

実は、あなたが気にしないといけないのは別のコトです。

 

この記事の冒頭で「美人だけどソソられない(色気を感じない)女性有名人は誰ですか?」というアンケート記事をご紹介しました。

 

ソソられない女性有名人の上位にハーフのタレントさんが多いのは、「物理的・心理的に距離感がまだあるから」というブロンドばかの意見を書きました。

 

では、毎年200万人弱の白人女性が日本各地を訪れ、日本人男性たちと接触を持つようになるとどうでしょうか?

そうです!当然、日本人男性は、白人女性に慣れて、物理的、心理的な距離を縮め、白人女性を「ソソる」と感じるようになるワケです

 

そうなれば、当然、「美人でソソられる(色気を感じる)」に変化した白人女性には、大量の日本人男性が押し寄せ、過当競争になるコトでしょう。

 

また、冒頭のアンケートには、実は一つ注目したいポイントがあります。

それは、アンケート調査対象の年齢にあります。

 

「女子SPA!」記事中にも書かれていますが、これらの回答は「アラサー男性」の感覚なんです。

つまり、国際化して、より多くの欧米人が来日するようになった現在の10代、20代を中心に、今後、大きく変化していくことが予想されます。

 

何年かのうちには、「白人女性にむらむらする、エッチな気分になる」という日本人男性が増えてくることは確実でしょう。

その時、あなたは、百戦錬磨のイケメンや、リア充、高スペックの日本人男性を押しのけて、憧れの白人女性をゲットできるでしょうか?

 

…ちょっと不安にさせてしまったかも知れませんが、大丈夫です!

今ならまだ余裕です。

しかも、「ブロンドラブ」で紹介しているのは、そういうタイプの男性たちと同じ土俵で戦わない方法です。

彼らと、全く違うアプローチで、全く違うタイプの白人女性たちと、恋愛したり、国際結婚したりします。

 

「見る機会が増えた」から「接触する機会が増えた」に変わりつつある今はまだ、ライバルが少なくチャンスであると言えるでしょう

 

ぜひ、ブロンドラブの各ページを読んで、今すぐ第一歩を踏み出してください。

かならず、あなたの理想の白人女性に出会い、素敵な関係を築くことが出来ますよ!

 

[更新] 2位ローラ!美し過ぎるハーフタレントTOP7

「dmenu映画」に次のような記事があったので、追記しておきます。(2019/03/06)

アンケート調査の結果です。

 

質問の問いは「美し過ぎるハーフタレントはどれですか。3つ以内でお選びください。」で、回答は選択式だったようです。

 

結果は次のようになっています。

1位 中条あやみ 27.0%
2位 ローラ 25.0%
3位 トリンドル玲奈 15.0%
4位 ホラン千秋 13.0%
5位 ダレノガレ明美 12.0%
6位 長谷川潤 10.0%
7位 滝沢カレン 9.0%
7位 森星 9.0%
7位 マギー 9.0%
7位 ベッキー 9.0%

(HORANE調べ 2019年1月 調査対象:10~40代の男女 ※よしもとJOOKEY調べ)

 

こちらの調査は問いのニュアンスが少し違って、また「2019年1月のもの」で、「ハーフタレントさんだけが対象」なので、当記事の1番上で紹介したデータと結構違いが出ていますね。

 

当記事1番上の調査(2015年5月)で、1位だった森泉さんが、2018年3月、40代の自営業の一般男性との結婚を発表したことが原因か、ランキング圏外になっています。

 

かわりに妹の森星さんが7位に入っています。

 

ワイドショーや週刊誌などで、さまざまなスキャンダルで話題になったベッキーさんは、2位から転落するも7位に残留はすごいですね!

 

ローラさんは3位から2位へと上位ランクをキープする圧倒的な強さを見せています。

同様にホラン千秋さんも強さが目立ちます。

 

中条あやみさんは超かわいい「アジアの美少女」

そして、今回1位の「中条あやみ」さん!

寡聞にしてブロンドばかは良く知りませんでした(^^;

 

何となく、名前は聞いたことがあるような気がしたのですが、ググって調べてみました。

 

2011年、女性ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募。

新川優愛、坂東希、橋爪愛と共にグランプリに選ばれる。

翌年、『東京ガールズコレクション 2012 SPRING/SUMMER』にモデルとして初参加。

同年、テレビドラマ『黒の女教師』(7月20日 – 9月21日、TBS系)の梅原優役で女優デビュー。(出典wiki)

とのコトですので、思ったより芸歴は長いようです。

 

Google検索結果の「画像」の方も見てみましたが、本当に可愛らしいですね!(^^

 

ただ、「ブロンドラブ」的ポイントとしては、中条あやみさんは、すごくカワイイ「アジア人美少女」という点です。

 

アンケートでは「ハーフタレント」という枠で調査していますが、白人の多い国や社会では、「アジア人女性」という分類で見られると思います。

 

もちろん、それが「イイ」とか「ワルイ」とかいうコトではなく、日本においては、今でも「かわいいハーフ」が人気なのであって、「白人女性」が人気なワケではない、というコトです。

 

つまり、あなたやブロンドばかのような、ブロンドラバーにとって、まだまだライバルが少なく、勝機が残っているというコトを意味しているわけです。😉

 

ぜひ、1秒も無駄にせずに頑張って出会いを求めていきましょう!

 

[著者:ブロンドばか]

 

当記事は「外国人の彼女を作るなら今のうち!5 」(旧 「外国人の彼女づくり研究室 http://blond-baka.com/ ©2014」閉鎖 )を一部更新して掲載しております。