最近、ハーフのタレントさんをよく見かけませんか?

確かに、昔からハーフ(ミックス)のタレントさんは結構いましたよね。

でも、ここ最近の増え方は「普通じゃないな」ってあなたも思っているかも知れません。

 

お父さん世代なら、「アグネス・ラム」さんや、「キャロライン洋子」さんなど懐かしいかも知れません。

 

また、「宮沢りえ」さんや「梅宮アンナ」さん、「梨花」さん、「桐島かれん」さんなど、その時代、その時代に話題になった人気ハーフタレントさんはたくさんいます。

 

💬2018/09/22 18:14時点で、アマゾンの「タレント写真集の売れ筋ランキング 」1位が「マギー」さんなんですね!驚きました。

タレント全体の中で1位なので、その人気の程がわかります。

「今は誰が人気のハーフタレントさんなのかな?」と検索した結果、上の画像となりました(^^

 

しかし、テレビ局のアナウンサーにまで、ハーフの方が続々と出てきた頃からでしょうか。

テレビでは、どの番組にも、ハーフやクォーターのタレントさんが出ているような状況になってきました。

 

今、もしあなたがテレビをつけているとしたら、1人くらいハーフのタレントさんが出ていませんか?

 

グローバル化が進んできた現在の日本では、もう「ハーフ」の存在は、それほど珍しくありません。

しかし、まだハーフであることの「メリット」は享受できる、そんな時代の変わり目なのかなって思います。

 

「日本的なモノ」が、グローバル化の中で見直されている時に、彼女たちの率直な意見や、モノの見方はとても刺激的で、示唆に富んでいます。

 

そのあたりが、視聴者の好奇心をみたす需要になっているのかも知れません。

 

もちろん、整った顔立ちや、透けるような肌の白さなどに魅了されている人も多いと思います。😝

 

ブロンドばかMEMO

 

追記:2019/07/28 16:01

先だって、たまたま、つけっぱなしのテレビを見ていたら、ニュース番組に見慣れない女性アナウンサーが映っていました。

 

テレビ局名と、女性アナウンサーの下の名前だけ記憶していたので、あとで検索してみると「宇賀神メグ」さんという方らしいです。

宇賀神メグアナウンサー
photo: 宇賀神 メグ:名鑑|TBSテレビ:アナウンスBoo!!(アナウンサー通信)

宇賀神 メグ(うがじん メグ、1995年12月28日 – )は、TBSテレビのアナウンサー。日本の元タレント。 埼玉県出身。父親がアメリカ人。(wikipedia)

 

ぱっと見は日本人女性に見えるかも知れないですし、海外では明らかにアジア女性と思われるでしょうが、ブロンドばかのセンサーが反応しました笑

 

顔立ちもそうですが、一番は「肌の質感」と「色」ですね。

 

日本女性に「美白」という言葉をつかう化粧品メーカーや、メディアも多いですよね。

 

確かに、一部の日本女性の肌はとても「白い」ですし「美しい」と思います。

的を射た表現だなと思います。

 

だとすると、白人女性の肌は「透明」に近い感じです。

 

これまた、日本女性の形容に「透明感」という表現がよく使われますし、意図はとても分ります。

ただ、白人女性の肌の場合、透明「感」ではなく、言葉どおり「透明」に近い人が結構多いです。

 

こういう肌質の違いに目が行ったり、気になったりするのは、「ブロンドばかの目がおかしいのか?」「目が異常に特化してしまったのか?」と怖くなることもあります。(^^;

 

「ブロンドラブ」のユーザーのあなたも、もしかしたら、ブロンドばかと同じ種族かも知れませんね笑

 

もし、いまいち、ピタリとイメージ出来ない場合は、こんな例が分かりやすいかなと思います。

  • 「美白」「透明感」の日本女性の白さ:大福・まんじゅう
  • 「透明」の白人女性の白さ:水まんじゅう(いちご餡)

 

例が分りづらくてすみません!

言葉で説明すると

  • 白くペイントしたような真っ白な感じが日本女性
  • 肌がやや透けてしまって体内(血の気)が見えてしまってるのが白人女性

と言う感じでしょうか。

なんかグロくなったかも知れませんが。(^^;

 

ちなみにブロンドばかが、個人的に交際した白人女性の中でも、一番肌が「白いなー」と思ったのは、あるドイツ人女性でした。

 

旧東ドイツ地方の出身で、都内の学校に通っていて、そのまま日本での就職を望んでいました。

 

この彼女、肌が透明すぎて、顔から首へ…と、ずっとアチコチ血管が見えていたのを覚えています。

 

人によっては「きもい」とか「グロい」と思うかも知れません。

 

ただ、「ブロンドラブ」を訪れている、あなたのような「ブロンドラバー」には、憧れのポイントの1つかも知れません。😆

 

 

ライバル激増?急げ!外国人女性も普通に日本人の恋愛のターゲットに

ライバル激増?急げ!外国人女性も普通に恋愛のターゲットに

 

ここでのポイントは、多くの視聴者の目に、ハーフの女性の容貌が「目に馴染む(なじむ)」ということです。

つまり見慣れた、しかし、魅力的な女性のイメージに変化していくわけです。

 

外国人はもとより、ハーフに対してすら、違和感を持ちがちだった多くの日本人男性の目に、ハーフは「日常的な美しい女性」、ひいては「恋愛の対象」となっていきます

 

ハーフの女性に日本人男性の目が馴染んでいけば、次は、白人女性が同じように「普通の女性」として恋愛の対象になっていきます

 

「外国人女性が好き!」という日本人男性は、かつてはそれほど一般的ではなかったと思います。

 

もちろん、ハリウッド女優や欧米の女性シンガーなどに憧れたり、素敵だと思ったり、大ファンだったり、そう言うことはあったでしょう。

 

しかし、結婚までリアルに考えるほど、現実的な意味で好きだったり、「白人女性じゃないとダメ!」だったり、という方は少数だったと思います。

 

そうした少数派に、天からの恵みとして与えられた、現実的な武器がインターネットだったと言えるでしょう。

少数派はインターネットで世界へ出て行って、大いに外国人女性と交際・交流を重ねて、関係を積み上げて来ました。

 

その時、少数派である」という事実は意外とメリットでもあったわけです。

つまり日本や日本人男性に興味のある外国人女性に対する、恋愛のライバルの全体数が少なかったのですから。

 

そして、その状況が大きく、また一気に変わりつつあると、ブロンドばかは感じています。

あなたが「少数派」の方なら、まだ有利なうちにどんどんと活動していきましょう!

 

速いコトはいいことです。

善は急げです。さっそく今日から白人女性ゲットのための第1歩をスタートさせましょう!

 

第1歩はここから>>「ブロンドばか式ガイド」

 

[著者:ブロンドばか]

 

 

当記事は「外国人の彼女を作るなら今のうち!(1) 」(旧 「外国人の彼女づくり研究室 http://blond-baka.com/ c2014」閉鎖 )を一部更新して掲載しております。